Human-Skills

ビジネスコーチングは質問力で決まる!〔目的別質問ガイド〕

アイキャッチ画像:コーチング質問力・質問例
コーチングの悩み

「質問」の「ひきだし」から状況に応じて「質問」を取り出す力は、コーチングに限らずヒューマンスキルの根幹の力と言えます。

今回は、その「ひきだし」に入れておく「質問」について記事にしました。

さらに「状況に応じて『質問』を取り出」しやすいように、目的等に沿って整理しましたので、参考にされてください。

こんな方におすすめです。

  • 目的や状況に応じた質問を知りたい
  • 社員との対話が続かないので困っている
  • 質問の適否に自信がない

質問方法の特徴で使い分ける

コーチング:オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンの使い分け

質問には二つの方法があります。

難しく考える必要はありません。
特徴によって使分ければいいのだ、という程度の理解でよいと思います。

クローズドクエスチョン

特徴:「Yes/No」で答えられる質問で、回答は限定的になる

A課長

週末はゆっくりできましたか?

B係長

はい、おかげさまでゆっくりできました。

オープンクエスチョン

特徴:内容を求める質問で、回答の自由度が高い

B課長

週末はどのように過ごされましたか?

B係長

久しぶりに子どもを連れて公園にいきました。子どもとサッカーして過ごしました。
子どもも喜んでました…

コーチングでは、この二つの質問方法を場面に応じて使い分けます。

質問の種類
  • クローズドクエスチョンを使う場合は、「Yes/No」の先を見通した「つなぎ」を準備しておくと自然な流れをつくることができます
  • オープンクエスチョンの方が対象者との関係を深めるのに有効だと思われがちですが、逆に、ある程度の関係性がないと効果は望めません対象者が「この人に本音を言ってよいのか」という警戒心を抱くからです。
  • オープンクエッチョンの連続は対象者に心的負担をかけますクローズドクエスチョンを織り交ぜながら対話を進めることが大切です。

セッションの流れの中での質問例

コーチング:目的別質問例

導入

導入は、クローズドクエスチョンがよいと思います。

いきなり深く考えさせる質問をぶつけると、対象者は以後のセッションに抵抗感をもちます。

以下に示すように、ざっくばらんに話せる雰囲気をつくるか、または、以後の対話のきっかけをつくるなどの段階ととらえた方が、以後の対話がスムーズです。

質問例は以下のとおりです。

最初の質問(コーチング)

展開

展開でコーチングの「テーマ」に入りますが、主として行動と学習を促すための「確認」を行います。

具体的には、「自らやると言ったことを実際にやったか、そしてそれをやることで何を学んだかを対象者とふり返る」という作業です。

詳細は、以下の記事を参照してください。

質問例は以下のとおりです。

必要な場面に応じて適宜質問を選択していきます。

※ 「目的」の項目には順序性はありません。
※ すべてを網羅する必要はありません。

質問例(コーチング)

終末

終末では、一つのセッションの整理と次回の内容を確かめます

具体的には以下のとおりです。

終末の質問例(コーチング)

思考や気づきは、「質問」によって促進される

コーチングにおける質問力の重要性:思考や気づきは、「質問」によって促進される

コーチングは対象者との対話で進みますが、質問はその推進力にあたります

質問の成否によって思考が進んだり、気づきが促されたりします。

知識+経験を積めば、さらに「質問力」は磨かれますし、リーダーシップを発揮するうえでの大きな力となります

お忙しいとは存じますが、やってみる価値は十分にあると思います。

お役に立ちましたら、幸いに存じます。

読者の皆様におかれましては、くれぐれも健康に留意され、無理をなさらず人材育成にあたってください。

参考書籍を紹介します。コーチングの原点でもあります…

今後の生活資金に対する不安、健康不安、急な出費への備え…
そんな不安を安心に変える方法を記事に
しました。
副業を考えている方は、どうぞご参照ください…

キャリアアップを目指しながら副収入もほしい…という方向けの記事です。

スポンサーリンク