本記事はプロモーションが含まれています

NewーEmployee

好印象のつくり方:ビジネスパーソンは語彙力・敬語力が9割

アイキャッチ画像:好印象のつくり方/ビジネスパーソンは語彙力・敬語力が9割
敬語の使い方に自信のないビジネスパーソンのイラスト/「好印象のつくり方:ビジネスパーソンは語彙力・敬語力が9割」の記事中資料

初めて会った人でも、その人がどんな言葉を使っているかを聞けば、その人の有能さをうかがい知ることができます。

もし、言葉選びが適切で表現力が豊かであれば、あなたは有能だと好印象をもたれる。

そうでない場合、知らず知らずのうちに恥をかいているかもしれません。

人は見た目が9割と言われますが…

優劣の印象は、言葉のセンスが9割

そこで今回は…

アドバイザー

語彙力・敬語力を取り上げて解説!


なかでも、

  • 好印象を与える表現
  • 敬語の誤用

 …にスポットを当てます。

記事「好印象のつくり方:ビジネスパーソンは語彙力・敬語力が9割」の2つの内容を図解で解説/「好印象のつくり方:ビジネスパーソンは語彙力・敬語力が9割」の記事中資料

語彙力、敬語力を磨いて、言葉のセンスをアップデートしましょう。

好印象を与える表現

好印象は言葉を疑う習慣から

語彙力を高めるための効果的な習慣を図解で解説/「好印象のつくり方:ビジネスパーソンは語彙力・敬語力が9割」の記事中資料

語彙力を高めるのに効果的な習慣は、
次のとおり…

  • 話したい、書きたい意図に合うまで類義語検索
  • 気になる言葉、未知の言葉は、その場で検索
  • 時間が許せば、例文や使い方も検索
  • 「知る、そして使う」の繰り返し
  • 専門用語の置き換えとかみ砕き
  • 人が使っている言葉の正誤を確認

なかでも大切なのは…
人が使っている言葉の正誤の確認

多くの人が使っていても…
疑念があれば「そもそも」まで掘り下げて確かめましょう。

たとえば、以下の記事で取りあげた
「させていただく」の使用がそうです。

好印象をもたらす言いかえ10選

丁寧な表現力を試す10問を図解で解説/「好印象のつくり方:ビジネスパーソンは語彙力・敬語力が9割」の記事中資料

好印象をもたらす言葉遣いを…
クイズ形式で紹介します。

知識のブラッシュアップに、お役立てください。

次の表現を、別の丁寧な表現に変えましょう。

※右端の「v」をクリックしてください…

ご配慮に感謝します。

お心遣いに感謝します。

「お心遣いに感謝します」は、相手の思いやりや配慮に対する感謝をより深く表現するフレーズ。
使うシーンは、相手が特別な配慮をしてくれたときや、心を込めた行動をしてくれた場面
相手への敬意をより強く伝えることができます。

ただし、感謝の気持ちを伝えるときはスピード重視。
言葉選びよりも…
機を逃さず、すぐに伝えることが、何より大切です。

申し訳ありませんでした。

心より詫び申し上げます。

「心より詫び申し上げます」は、深刻な過ちや大きな失敗に対して使われ、謝罪の気持ちをより強く、かつ心からのものであることを示します。
ただし、「申し訳ありませんでした。心より詫び申し上げます」など、謝罪の表現を重ねると、かえって謝罪の意が薄れます。
謝罪の際は、

  • ミスの原因を究明し正確に伝えること
  • 再発防止策を伝えること

 …が基本マナー。

謝罪の言葉のくり返しでは、誠実さは伝わりません。

お元気ですか?

お変わりありませんか?

「お変わりありませんか?」は目上の人やビジネスの場などで、過去から現在に至るまでの変化を気遣う際に使います。

「長い間ご無沙汰しておりますが、お変わりありませんか?」と使います。

相手に対する配慮や関心を伝えることができ、
あたたかい雰囲気でコミュニケーションを始めることができます。

問題ありません。

差し支えございません。

「問題ありません」は、自分だけではなく相手にとっても問題がないことを伝える表現。
それに対して、「差し支えございません」は、自分たちにとって特に不都合がないことを丁寧に伝える表現です。

「明日の午前中であれば、差し支えございません。」
…と使います。

相手からの変更や訂正、誤りなどの連絡を受けたときに、よく使われます。

ご支援いただき…

ご贔屓にしていただき

「ご支援いただき」は、具体的な支援や援助を受けたことに対する感謝を表します。
これに対して、「ご贔屓にしていただき」は、長期にわたる支持や好意に対する感謝を表します。

「ご贔屓にしていただき、心より感謝申し上げます。皆様の温かいご支援のおかげで、私たちは10周年を迎えることができました。」
…と使います。

別の表現として「ご愛顧いただき…」「お引き立ていただき…」があります。

…していただきますようお願い申し上げます。

…していただければ幸いです。

「…していただければ幸いです」は、希望や要望を伝えたいときに便利な言い回しです。
「お願いします」よりも相手にプレッシャーを与えすぎず、穏やかに、かつ丁寧に伝えることができます。

メールの文末などに、

なお、〇〇についてご不明な点等ございましたら、担当〇〇(電話:xx/Mail:xx)までお問い合わせいただければ幸いです。

…と使います。

会えてうれしいです。

お目にかかれて光栄です。

「お目にかかる」は、「会う」の謙譲語。
丁寧な表現で、目上の人に対してや社交的な場面で使います。

「光栄です」は…

  • 自分の仕事や成果が認められたとき
  • 褒められたとき
  • 尊敬する人物や高名な人に会ったとき

 …に使うことが多い。

相手に対する尊敬の念をより強く伝える表現として、手持ちのカードに加えておきましょう。

頑張ってください。

益々のご活躍をお祈り申し上げます。

「頑張って」という言葉がカジュアルすぎると思ったら、「益々のご活躍をお祈り申し上げます」を使いましょう。
異動・退職や昇進などで、新しい場所で働く人へのエールとして使えます。

これまでお世話になった上司や一緒に働いてきた同僚など、今までのお礼とともに、変わらず頑張ってくださいという気持ちを伝える言い回しです。

相手が企業などの団体の場合は、「活躍」を「発展」に変えて使います。

ご協力くださり…

お力添えいただき…

「ご協力くださり」は、一般的な協力や参加に対する感謝を表します。
一方で、「お力添えいただき」は、より具体的な支援や援助に対する感謝を表します。

「この度はお力添えいただき、誠にありがとうございました。」と感謝の意を伝えるほか、

「次回のセミナーの際は、〇〇様のお力添えを賜りたく…」など、援助を受けたいときに使います。

その際は、「ご多忙の折恐縮ですが」など、
クッション言葉とセットで使うと、より丁寧な気持ちが伝わります。

その案件は、お受けできません。

その案件は、ご対応いたしかねます。

「お受けできません」と「ご対応いたしかねます」の主な違いは、言い回しの丁寧さと、断りのニュアンスにあります。
「お受けできません」 は、「できない」という事実を明確に直接伝えるときに使います。

「ご対応いたしかねます」は、相手に対する敬意を示しつつ、できない理由があることを暗に伝えたいときに使います。
よりフォーマルな状況や、上司や顧客など、敬意を払うべき相手には「ご対応いたしかねます」のほうが適しています。

「ご注文のキャンセルは発送後にはご対応いたしかねますので、予めご了承ください。」
…と使います。

うかがう形、クッション言葉を使う

丁寧な印象をもたらす2つの表現方法を図解で解説/「好印象のつくり方:ビジネスパーソンは語彙力・敬語力が9割」の記事中資料

目上の人と話すときには、丁寧さとともに「へりくだりすぎない」ことも大切。

業務上必要なことは、目上の人でも、伝えるべきことは、はっきりと伝えるべきです。

とはいえ、
わきまえた態度を示しながら、意見を伝えることはなかなか難しい。

そこでおススメするのは、
うかがう形でお願いする方法。

たとえば…

  • 来月の都合のよい日に、お越しいただけますか?
  • 会議の日程を調整していただけますか?
  • 新しい提案についてのご意見をいただけますか?
  • 研修プログラムについてのアドバイスをいただけますか?
  • クライアントとの契約書の最終確認をしていただけますか?

「〇〇していただけますか?」の表現は…
相手の立場や感情を尊重しながら、自分の要望や意見を伝えることができるため、ビジネスシーンにおいて、とても有用。

「〇〇をお願いします」のような直接的な表現よりも、依頼を柔軟に伝えることができます。

言いにくいことを意見する際は、
クッション言葉を使うのも効果的。

以下の記事でも紹介していますが…

クッション言葉とは、やさしく伝えたいときに使う枕詞(前置きになる言葉)のこと。

具体的には、以下のような言葉です。

  • お手数をおかけしますが…
  • もし可能であれば…
  • お忙しいところ恐縮ですが…
  • 差し支えなければ…
  • たいへん失礼ですが…
  • 申し上げにくいのですが…
  • あいにくですが…
  • ご期待に添えず申し訳ありませんが…
  • ご足労をおかけいたしますが…

これらの言葉を前に置き、依頼・断り・申し出・反論など、場面によって使い分けていきます。

敬語の誤用を正す

敬語力を試す10問を図解で解説/「好印象のつくり方:ビジネスパーソンは語彙力・敬語力が9割」の記事中資料

最近多いのが、二重敬語の間違いです。
二重敬語とは、一つの表現に二つの敬語を重ねる誤りのこと。

誤用を招く原因は次の2点…

  • より丁寧に伝えたいという、過剰な意識
  • 周りも使っているから正しいという思い込み

そこで、二重敬語を含め、敬語の誤用を紹介。

使用上の正誤を確かめ、
敬語力をブラッシュアップしましょう。

次の表現を、正しい敬語表現に変えましょう。

※右端の「v」をクリックしてください…

社長はお帰りになられました。

社長はお帰りになりました。

当社の新商品を、ご覧になられますか?

当社の新商品を、ご覧になりますか?

もう、お会いになられましたか?

もうお会いになりましたか?

次回の会議について、ご連絡させていただきます。

次回の会議について、ご連絡します。

以上の例は、尊敬語の「お(ご)〇〇になる」の表現と「れる/られる」「せる/させる」を重ねた誤用です。

ご不明な点は、ございませんでしょうか?

ご不明な点はありませんか?

ご予定は空いておりますでしょうか?

ご都合はいかがですか?

以上は、丁寧語が二重になっているので、回りくどい印象を与えます。

ご説明させていただきます。

ご説明いたします。

メールを拝見させていただきます。

メールを拝見します。

○日に、御社に伺わせていただきます。

○日に、御社に伺います。

ご案内させていただきます。

ご案内いたします。

以上は、最近多い「させていただく」の乱用

謙譲語を二重に使っているので、不自然で過剰な印象を与えます。

丁寧さを求めるあまり回りくどくなり、
内容も伝わりにくい。

アドバイザー

丁寧さを強調したい気持ちは
わかりますが 誤用です!

ちなみに…

「お伺いします」は、厳密には二重敬語。

「伺う」という謙譲語に「お…する」という尊敬語の接頭辞をつけることで、敬語が重複しています。

しかし、実際のビジネスシーンや日常会話では、「お伺いします」は一般的であり、多くの人が自然に使用しています。

そのため、誤用とされることは少なく、問題視されることはありません。

文化審議会答申「敬語の指針」によると…

二重敬語は一般に適切ではないとされているものの、語によっては習慣として定着しているものもある。


とあり、その例として…

  • お召し上がりになる
  • お見えになる
  • お伺いする

などの言い回しが挙げられています。
正確で簡潔な謙譲語を使いたい場合は、「伺います」という表現が適切。

これは「伺う」という謙譲語に丁寧語の「ます」をつけただけの形で、敬語の重複を避けることができます。

本記事の関連書籍を紹介しておきます…

話し方のプロである五百田達成氏の著書。
好感度アップに役立つ一冊です。


忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてます。
時間がない人におススメなのは audiobook
ビジネスパーソンの主流は、耳読書
読書効率がグンと上がります…

スポンサーリンク