Human-Skills

【働く人の知恵袋】時間という資源を増やす行動学:幸福度を上げる3つの行動修正とは?

アイキャッチ画像:時間という資源を増やす行動学
時間浪費に対する悩み

時間の使い方は、修正・改善を起こしにくい、という特徴があります。
お金のように「今日は〇〇円使った」というように帳簿をつけないからです。

つまり、時間には貯蔵性がない、したがって時間管理の効果は検証困難、というのが理由。

結果、「もっと○○する時間がほしい」と思いながら、さなぎのように耐える毎日が続いてしまいます。

一方で、限りある人生において時間は重要な資源、だから大切にしたいということも常に頭の片隅にある…
実際、生活時間の配分の満足度と幸福度には、高い相関が見られます。

では、どうすればよいか?

時間というのは「トレードオフ」を強いるという特徴があります。
「しない」ことを充実させることで解決するしか方法はありません。

具体的には…

「○○をするために○○をしない」というように、時間を削って増やすための「行動修正」を行うことが解決策になります。

※トレードオフ:何かを得ると、別の何かを失う、という相容れない関係のこと。

そこで本記事では…

アドバイザー

時間を生み出す「行動修正」のヒントを3点紹介。

あなたにとって最適な修正ポイントを見つけてください。
「気づき」と「行動修正」で自分の時間をとりもどすことができます。

最終目標は、幸福度の向上。

幸福度は時間配分の満足度で決まる

時間と幸福度の関係から申し上げると…

ワーク・ライフ・ソーシャルの各活動時間のバランスに、満足している人ほど幸福度が高い、というデータがあります。

以下は、リクルートワークス研究所『働く人の共助・公助に関する意識調査』結果。https://www.works-i.com/research/works-report/item/kyojokojo_1.pdf

引用:リクルートワークス研究所『働く人の共助・公助に関する意識調査』結果

生活時間の配分に満足している人は、不満を抱えている人と比べて幸福度が高いだけでなく、生き生きと働く実感、自分のライフキャリアへの誇りや納得感も高いことがわかります。

したがって、充実したライフキャリアを実現したいと考えるならば、ワーク・ライフ・ソーシャルの時間配分を希望どおりに組み直す行動が大切になります。

動かずに耐え忍ぶだけでは、時間という重要な資源を失うばかり。
バランスを崩す要因を見極めて修正し、幸福度を高めていきましょう。

アドバイザー

トレードオフは痛みをともないますが、絶大な効果を生み出します。

そのための「行動修正」について、次の章より解説します。

3つの行動修正で自分の時間をとりもどす

自分の時間を増やすには、「○○しない」の「○○」の特定と行動修正が必要です。

その要点を、以下の3点に整理して解説します…

3つの行動修正で自分の時間をとりもどす

現状に合わせて、最適な方法を選択して活用してください。

「すべて大切」を修正する

すべて大切という思い込みから脱却し、カギを握る少数に注力することにより、時間を削ることができます。

重要な少数に絞っても、成果は十分に期待できます。
むしろ、「やるべきこと」を正しく選ぶことによって成果は拡大します。

80対20の法則:成果の80%は20%の努力に起因する(パレートの法則)の活用です。
大切なことは、常に目の前の問題や仕事の、重要な20%を見極めようとする習慣

言い換えると、「選ぶ」ことを選ぶ習慣です。

以下の記事でもふれましたが…

『成果を出すプレイングマネジャー』

多忙なプレイングマネジャーの場合、ボトルネックの見極め成功のポイントの見極めが忙しさの解消とともに、成果の拡大につながります。

関連図:ボトルネックの見極め

職務遂行上のボトルネックの見極め

関連図:成功のポイントを明確にして成果を拡大する

成功のポイントの見極め

「重要な少数」が「些末な多数」に勝る、という法則をもとに、「すべて大切」という思い込みから脱却し…

アドバイザー

カギを握る少数に注力しましょう。

「やればできる」を修正する

努力しただけ報われるのは、特定の仕事に限ります。
多くの場合、努力の量と成果は比例しません。

パレートの法則と重なる部分がありますが…
大切なのは、何をしたら報われるかを見極めて努力することです。

『リクルートのすごい構“創”力』(杉田浩章著)のなかで紹介されていますが…
リクルートは…

どんなに労力をつぎ込んだとしても、勝ち筋が見つかりそうな兆しがなければスパッと見切ることで、成長を維持しています。

フリーペーパー「R25」、「カースマイル」の休刊がその例です。
ただし、撤退事例は、撤退後もそのプロセスを詳細に記録・分析し、教材として使われています。

つまり、「何をしたら報われるか」見極める努力を続けているのです。

やればできる、の価値観に固執することによって、私たちは多くの時間を失っています。

やる前に「見切る」時間、数値などを明確にし、その時が来ればスパッとあきらめる
そして、企業で言えば新規事業、ライフキャリアで言えば次のフェーズに向けて、失敗を糧にして前に進む、という行動を選択する。

このような行動修正をすることによって、時間浪費を回避できます。

アドバイザー

成果を生まない努力はしない、という行動修正で時間浪費を回避しましょう。

「仕方がない」を修正する

新たなポストに就いたとき、多くの人は前任者の仕事を踏襲することから始めます。
前任者が毎日・毎週・毎月していた業務を引き継ぐわけです。

もし、前任者が業務過多により毎日残業を続けていたとしたら、その錯綜状況も当然引き継ぐことになります。

この場合、多くの人は「仕方がない」と思い、多忙な状況を受け入れてしまいます。

現状維持バイアスが働くからです。

※ 現状維持バイアス:これまでもやっているからという理由だけでやめられない傾向

その深層には…

変化によって、失敗のリスクがある・現状が悪化する・批判を受ける・後悔する、などの恐れがあります。

「仕方がない」を言い換えると「あきらめる」こと。

以下は前記事で紹介したデータです。

キャリアの挑戦や備えに関する項目のいずれか1つ以上「あきらめている人」の割合は、実に約4割(37%)に上ります。

要は、「仕方がない」が現状維持一択を招き、時間という資源を失う要因になっている、ということです。
あきらめずに行動修正をするしか、「時間」を手にする方法はありません。

このことについて、代表的なテクニックを3つ紹介します。

逆プロトタイプ

逆プロトタイプとは、現在していることを試験的にやめてみて、何か不都合があるか確かめること。

例えば、定例の報告書やレポート、複雑な業務フローなどです。

  1. 一定期間、試験的にやめる。
  2. どんな支障があるか、業務上のムダはないか、他の方法はないか、検討する。
  3. 具体的な改善策を策定し、承認を得る。

表向きは「業務改善」:内心は「“しない”を探し、ムダな業務を削除する」

行動しなければ、時間はとりもどせません。
トライする価値は十分あります。

ゼロベース思考を具現化する

ゼロベース思考とは、既存の考えや経験、規則などから一旦離れ、全くのゼロベースで物事を考える思考方法のことです。

業務過多の問題をゼロベースで思考し、改善策を導き出します。

例えば「そもそも何の目的があってすることなのか」など、物事の本質を問いながら業務を組み直していきます。

目のつけどころは、「もったいないところ」→業務効率
会議の精選・書類の削減・自動化・業務委託の導入など、業務効率の観点から改善策を進言します。

ただし、上司に「ゼロベースで改善が必要」と唐突に進言したところで、採用されません。
表向きは「業務の効率化」:内心は「ゼロベース思考で、ムダな時間を短縮する」

プレイング業務を焦点化する

前任者のプレイング業務をそのまま引き継いでいるのであれば、成果に結びつく業務に絞ることをおすすめします。

具体的には…

  • 職務遂行上ボトルネックになる業務
  • 成果の分岐点となる場面での介入
  • 知識と経験、ネットワークを活かすことによって高い成果が期待できる業務
  • 顧客との直接対話
  • コンディション把握を目的とした部下との協働業務

など付加価値が高まる業務や場面です。
詳細は、『成果を出すプレイングマネジャー』へ…

これまでのプレイング業務を見直す際は、時期を見て「成果の拡大」を主旨とした変更について、メンバーに理解を求める必要があります。

表向きは「成果の拡大」:内心は「業務の焦点化で、必要な仕事を自分で選ぶ」
というように進めるとよいと思います。

大切なのは、「しない」ことを充実させること

アイキャッチ画像:時間がほしければ、自分でつくるしかない

他人の言いなりになるのを避けるためには、自分で優先順位を決めるしかありません。
しかし、現実は厳しく、様々な障壁があります。

人の時間を無意味に奪う「悪しき慣習」、前任者の「負の遺産」については…

  • 「すべて大切」を修正する
  • 「やればできる」を修正する
  • 「仕方がない」を修正する

という3点から検討し、自分の時間をとりもどしてください。

時には、「表向き」という仮面をつけて時間を生み出すことも必要です。
記事のなかでは、3つの「表向き」を提示しました。

  • 表向きは「業務改善」:内心は「“しない”を探し、ムダな業務を削除する」
  • 表向きは「業務の効率化」:内心は「ゼロベース思考で、ムダな時間を短縮する」
  • 表向きは「成果の拡大」:内心は「業務を焦点化し、必要な仕事を自分で選ぶ」

このように、「常に時間に合わせて行動する」ではなく、「自分に合わせて時間を使えるようにする」という思い切った発想・行動も時には必要です。

時間がほしければ、自分でつくるしかない、という覚悟をもって行動しましょう。

時間というのは「トレードオフ」を強いるという認識をもとに、まずは…

アドバイザー

「しない」ことを充実させることから始めましょう。

おすすめの関連書籍を紹介しておきます…

スポンサーリンク